映像化が多い小説家さん

ここ数年で映像化が多い小説家さんがいらっしゃいます。
ただ、私は数年前からイマイチな作家さん、という印象です。
あらすじを読むと面白そうな要素が満載なんですよね。
読み始めても面白い。
でも物語が終わりに向うにつれてつまらなくなるというめずらしい人でもあります。
世間体には有名で好きだと豪語する人も多いので、とてもお名前を出すことはできません。
推理小説を読んでいても、この人が怪しいとかこの人が犯人かなと思うことはあまりありません。
作家さんに挑戦する気はないですからね。
でも昨日読んだ本は、自分は愛人の娘で本妻にも娘が一人って読んですぐに、ああこの子はこの本妻の方の娘で嘘をついているなと思ったらその通りでした。

コメントは受け付けていません。