「トライアンフ」

はじめて読んだ作家さん、悠木シュンさんの「トライアンフ」を読みました。
人の語り口調で読む本なんて珍しいですね。
インタビューされた人が過去の誘拐事件と現在の誘拐事件のことを語るわけですが、みんな関係者になっています。
進めば進むほど過去に何があったかがわかるようになります。
全体評価としては、いまいちかなぁ。
誰かの視点で話しをするのと小説を読むのとではこんなに違うものなんですね。
読者としては昔の話しをする人だけが思い浮かんできて、人物が見えないのが難点かな。
変わっていると知って読んだのですが私には合わなかったかな。
つまらないわけではないけど、オチはどうでもよくなってしまうというかなんて言うか、微妙でした!

コメントは受け付けていません。