安全な位置からの口出し

奈良県の鹿は観光をする人がいるくらい世界的にも有名です。
しかし、その鹿が市民の生活を脅かすのであれば駆除するのは仕方がないと思います。
奈良県だってむやみやたらに駆除したいというわけではありません。
ずっと被害に遭っている人、悩まされている人が多い以上は行動を起こすしかありません。
このニュースで私はそう思いましたが、自然保護団体が中止を要請したというあらたなニュースを知りました。
何かに反対をするのであれば、代替え案を用意するべきです。
自然保護団体の提案は柵をつくればいい。
じゃあ、この団体が柵の費用を出すだけでなく設置まですればいい。
誰だって殺生を推奨はしません。
命を奪うのは良くないなんて誰でもわかるけど、きれいごとです。
きれいごとだけ言っていればいい位置で吠えるのは卑怯です。

コメントは受け付けていません。