『皇帝と拳銃と』

倉知淳さんの本は猫丸先輩みたいなテイストのものは好きですけが、他のはどうも合わないようです。
『皇帝と拳銃と』を読みました。
分かる人には分かる言い方をしたら、古畑任三郎形式で犯人が主人公の短編です。
会う人がみんな死神かと思うような警部が犯人を追い詰めます。
犯人が悪いのは当たり前なんですけど、この警部も好きになれません。
古畑シリーズは好きでしたがあれはテレビで役者さんが演じているのを見るのがいいんですよね。
犯人役も有名な役者さんですしね。
ただ、本で読むとくどいです。
説明が凄く長くて、セリフが何行もあります。
古畑を演じる役者さんが苦労していたであろうことを思い出しました。
文章で読むと非常に疲れるので困ります。