残業がきつくて薬剤師を辞めたい

薬剤師の業務の多くは、薬剤師の資格がないとできないため、仕事がハードになることが珍しくありません。病院でも他の職場でも、企業はできるだけコストカットをするため人員に余裕を持たせていないので、シフトがきつくなる傾向にあります。そのため、残業が日常的に生じてしまうという事態が生じるのです。この傾向は、ほとんどの業種において生じています。ドラッグストアなどの販売系の職場でもそうですし、病院勤務の薬剤師もそのことを感じているケースが多くなっています。

残業が多いと、プライベートに充てられる時間が少なくなってしまうので、生活に張りを感じられなくなってしまうかもしれません。また、家庭を持っている人であれば、家族のための時間を犠牲にせざるを得なくなります。さらに現実的な問題として、余計に仕事をする分体力的にも精神的にも疲れてしまい、仕事から喜びを得られないということも生じます。こうしたことが重なると、仕事への意欲が薄れてしまって、薬剤師を辞めたいという気持ちになることさえあるでしょう。

そのような時には、より快適な環境で働ける職場を新たに見つけるのも一つの方法です。一般的に残業が多い職場がよく見られるのは事実ですが、しっかりと人員確保をしてシフトをきちんと回すようにしている企業はたくさんあります。実際、企業としても残業代を払わなくて済むようになるので、残業をできるだけ少なくすることをモット―としているところも多くあるのです。

そして、残業少なめという条件で募集をかけているところには、より多くの応募が集まりますので、優秀な人材を集めやすいという状況が見られています。こうしたことから、最近では残業少なめということを前面に出して、薬剤師募集を行うところを増えています。そこで、残業がきつくて辞めたいと考えているのであれば、この残業少なめという条件に絞って転職先を探すのも良いでしょう。

その際には、残業に関する実情を把握するために、実際の薬剤師の残業時間を公表している企業に優先して応募すると良いでしょう。確実なデータがあれば、信頼して勤めることができます。働き始めたのはいいが、実際に勤務すると募集条件と現場の実情が違っていた、というトラブルに遭わなくて済みます。事前の情報集をしっかりとすることが、自分にマッチした間違いのない転職先を見つけるコツと言えるでしょう。そして、焦って決めるのではなく、じっくりとある程度の時間を決めてより良い会社を選ぶようにしましょう。

ドラマ化する小説を読みました

二時間ドラマになると知って、荻原浩さんの『なかよし小鳩組』を読みました。
以前、読んだことがあるような気がしましたが初見でしたね。
主人公のみ発表されているのでその俳優さんを思い浮かべながら読みました。
このキャラクターはどの俳優さんが演じるんだろうかとちょっと考えちゃいましたね。
広告制作会社の杉山が離婚した娘や妻といろいろありつつ、元妻と再婚相手の夫をたまに絡めながらヤクザと仕事をすることになってしまったドタバタ劇です。
ドラマにしやすそうですね。(笑)
1998年発行なのでかなり昔の話しで、時代を感じるところが多々ありました。
ラストはぼかして終了しているのでドラマで補完してくれることを願います。
あ。原作にないキャラクターはあまり入れて欲しくないです!