悪魔の病チック症

脳内の神経伝達物質が過剰になってしまう。
運動性チックは勝手に体が動く。
突然大声を出す、ビスケットという言葉が意図せずに何回も出てきてしまう、汚い言葉を言うのは音声チック。
運動性と音声と両方が出てしまうのはトゥレット症候群
本人にはどうすることも出来ない
でも、いきなり動く人、いきなり叫ぶ人がいたら怖いですよね。
本人は悪くないと思っていても、正直いってこっちが落ち着かないです。
子供の頃から症状が出ても親がチック症を知らないと、怒るばかり。
触らないように我慢すると他のことをしてしまう
昭和40年代には医師ですら病と認識していない
注意すれば一旦はやめる、反抗してわざとやっていると親は怒り続ける。
聞いているだけで辛いです。