むずむず脚症候群

日本で200万人以上が発症する病です。
原因不明で眠れない。
寝る前にじっとしているときに、足にむずむずと不快感があり眠れなくなる。
足を動かしたいという強い欲求があらわれる。
足がほてって眠れない。
夜間にあらわれることが多くて睡眠障害になります。
脳内のドーパミンという脳の神経伝達物質があります。
ドーパミンは痛みやかゆみを抑える物質です。
ドーパミンの動きが悪化して不快感が抑えられない。
改善策は?ドーパミンの働きが悪くなるのは鉄不足と言われている。
正常に保てるようにするしか、今のところは解決策がないとされてきましたが2012年に治療薬ができました。
脳が興奮状態にあるとされています。
短期ではなく繰り返し起こるのがむずむず脚症候群です。
もしかしてむずむず脚症候群かも?とお悩みの場合は神経内科医か睡眠専門医を受診してください。